診療内容

一般治療について

虫歯、歯周病、根の治療、抜歯など。

歯周病について

歯周病イラスト歯周病とは歯垢(プラーク)によって、歯肉に炎症を引き起こし、やがては骨を溶かしていく病気です。30歳以上の約80%の人が歯周病に罹患していると言われています。

歯は、たかが1本失うことにより、また1本と歯を失っていき、失うスピードが早い人は、あっという間に自分の歯で噛める場所がなくなってしまうことがあります。

そうなる前に治療することが大切です。

 

歯周病の治療は、歯科用器具による歯垢(プラーク)・歯石の除去です。必要であれば、歯周外科手術を行います。

しかし、歯周病の治療をしたからといって、問題ないというわけではありません。

歯周病は、生活習慣に大きく関わっているので、生活習慣の改善(禁煙など)がみられないと、治療しても再発してしまいます。

治療時間は長くかかりますが、患者さんの協力が不可欠です。

虫歯について

虫歯レントゲンイメージ虫歯の原因は、虫歯菌と砂糖でなります。

虫歯を早期発見、早期治療すれば、大きな問題にはなりません。

しかし、虫歯がどんどん進行すると、歯が痛くなり神経を取らなければなりません。歯の神経を失うと歯に送っている栄養が断たれ、枯れ葉のように脆くなってしまいます。つまり、歯の寿命は神経のある歯よりぐっど下がります。そのため、なるべく神経を取らない治療をおこなっています。

 

当院での虫歯治療は、虫歯の深さと状態によって、削って1回で終わる時もあれば、2、3回に分けることもあります。その時の状態を判断し、最善の治療法を選択します。

被せ物治療について

イメージ保険、保険外問わず、当院では精度の高い被せ物を装着できるように努力をしています。

しかし、保険で使用される金属はあまり良いものではないので、保険外の被せ物を勧めています。

 

保険外では、セラミックなど天然歯に近い素材や、歯に優しい金属などを使用するので、審美、機能的に優れています。

入れ歯について

入れ歯には、総入れ歯と部分入れ歯があります。保険、保険外問わず精密に制作をしていきます。

被せ物と同様、保険は材料に制限があります。見た目、頑丈さ、装着感が良い入れ歯を求めるのであれば、保険外適用の材料もあります。ご相談ください。

歯の移植治療ぬついて

歯が抜けてしまったところに、親知らずなどの自分の歯を抜いて植え替える方法です。

小児矯正について

小児矯正イメージ装置を使用して、子供たちを健全な永久歯列に誘導していきます。

部分矯正(成人)について

部分的に、ワイヤー(針金)をつけて歯を移動させます。